前へ
次へ

自己破産を簡単に考えてはならない

自己破産の相談窓口が全国に展開しています。
手続きをして本当によかったという声もありますが、まずは消費者生活センターなどの電話相談を利用しましょう。
というのも、借金地獄で多債務であっても、「今」するのが正解なのかどうかの判断は素人にはつかないからです。
相談は何度でも無料、そうした合いの手があります。
適した債務整理の方法があり、借金問題を解決できる糸口になり得るかもしれません。
自己破産をすると、マイホームやマイカーも失う可能性が生じるのです。
ローンが残っているだけで、その後の先行き不透明になる可能性も否定できません。
自動車の価格だって、中古で20万円未満などで入手はできないはず、法律上、処分されてしまうこともあります。
ローンが残っている場合にも、完済するまでの間は所有権がローン会社に留保されるでしょう。
引き揚げも考えなければなりませんし、20万円以下・以上という処分のボーダーラインを債務者は意識しますが、20万円以下でも生活に不要な物ならば処分や売却されることもあります。
何事も、まずは専門家の手を借りたり、知恵を借りましょう。

Page Top