前へ
次へ

自己破産すると車はどうなるか

自己破産した後の車の行方について心配する方は多いことでしょう。
結論から申し上げますと、債務者本人がその車を所有しているかどうか、ローンが残っているかどうかなどによって、車に与える影響は違ってきます。
まず自己破産をしたいと思っている人が車の実際の所有者で、なおかつローンがまだ残っている場合であれば、債務者はその車を保持できなくなってしまいます。
また、車の所有者でありながらすでにローンは完済している場合はどうでしょうか。
たとえローンは完済しているとしても、市場価値が20万円以上であれば没収される結果となりますが、20万円未満であるなら換価処分の対象外となるため保持し続けることも可能であると言われています。
中には、自分は車の所有者ではなく単に使用しているに過ぎないというケースもあるでしょう。
そのように、自分名義ではなく第三者の名義である車を使用している場合は、たとえ自己破産の申し立てをしたとしても没収されないのが基本です。

Page Top